地域ニュース

サカスタ建設の業者公募 広島市、「広く集客」へ設計・施工

2020/10/22 23:06
中央公園広場のサッカースタジアム建設予定地(広島市中区)

中央公園広場のサッカースタジアム建設予定地(広島市中区)

 広島市は22日、中央公園広場(中区)に建設するサッカースタジアムの設計と施工を担う事業者の公募を始めた。「市域のみならず県内外から広く集客する」と募集要項に目標を明記。審査基準として、臨場感や一体感を高めるスタジアム本体の形状、周辺との調和など20の項目を設けた。施設内容の提案を見極め、来年3月に優先交渉権者を決める。

【広島再開発マップ】はこちら

 都心に建つ「街なかスタジアム」の利点を生かし、年間を通じて県内外から人を呼び込める施設とする。審査基準にはこのほか、試合のない日のにぎわい創出、市民・県民の愛着を生む施設などの項目を盛り込んだ。

 事業費は、市が設定した257億400万円が上限。スタジアム本体の建設費と、東西の広場エリアの基盤整備、幹線道路をまたいでスタジアムと周辺の回遊性を増すペデストリアンデッキ(歩行者専用橋)設置の費用を含んでいる。

 20の審査基準は、建築などの専門家7人でつくる審議会に諮問し、今月21日に答申を受けた。来年3月、審議会が公募に応じた事業者の提案を採点し、優先交渉権者を選ぶ。

 2024年開業を目指すスタジアムは約3万人を収容。観客席は屋根付きで、ビジネスラウンジなど多様な形態を設ける予定。市スタジアム建設部の池田智彦部長は「事業者選定は、スタジアムの具体像を描く上で重要なステップ。県民と市民が、365日いつでも楽しめる提案をしてもらう」と話している。(新山創)

 <クリック>サッカースタジアムの建設計画 広島市、広島県、広島商工会議所の3者が2019年5月、建設に向けた基本方針を決定。今年3月に基本計画を決めた。事業主体の市は9月、4年間の本体工事費などをあらかじめ確保する予算措置を含んだ一般会計補正予算案を市議会に提案し、可決された。

【関連記事】

欧州にはないアイデアを楽しみに

広島西飛行場跡スポーツ広場、人工芝の少年野球場へ 23年度完成、サッカー転用可

広島駅が2025年春、大変身 新駅ビル2階に広電直結

「ヒルトン広島」のデザイン発表 22年春完成目指す

広島市、サカスタ24年開業へ決断


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧