地域ニュース

【克行被告への弁護側反対尋問】弁護人「反対尋問はございません」

2020/10/23 19:37

 昨年7月の参院選広島選挙区の大規模買収事件で公選法違反罪に問われた河井案里被告(47)=参院広島=の第23回公判が23日、東京地裁であった。夫で元法相の克行被告(57)=衆院広島3区=が22日に続いて証人として出廷したが、弁護側は予定していた反対尋問をしなかった。地裁は案里被告に対する被告人質問を11月13、17、20日にすると決め、案里被告には保釈された場合に裁判に必ず出頭するよう求めた。

 【克行被告への弁護側の反対尋問】

 裁判長 弁護人の反対尋問はあるか。

 弁護人 検討しましたが、反対尋問はございません。

 裁判長 検察官は追加の尋問はあるか。

 検察官 ございません。

 裁判長 裁判官も質問はありません。お越しいただきましたが、きょうはこれでお帰りください。

 克行被告 はい。ありがとうございました。

【案里被告第23回公判詳報】
▼克行被告への弁護側反対尋問
 弁護人「反対尋問はございません」
▼公判日程の進行協議
 弁護人「2、3週間の準備期間を」/検察官「はなはだ遅い」
▼案里被告への説明
 裁判官「良心に従って約束するか」案里被告「はい」

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧