地域ニュース

山陽道 東広島・八本松と笠岡・篠坂PAにスマートIC整備へ

2020/10/23

 国土交通省は23日、自動料金収受システム(ETC)専用のスマートインターチェンジ(IC)12カ所の整備を高速道路会社に許可した。山陽自動車道八本松スマートIC(東広島市)など11カ所を新設、整備済みの常磐道三郷料金所スマートIC(埼玉県三郷市)は上下線両方で乗り降りできるようフル規格化する。

 中国地方5県では、山陽自動車道で八本松と篠坂パーキングエリア(PA、笠岡市)の両スマートICが入った。ともにフル規格となる。利用開始の時期について、国交省は「未定」としている。

 八本松スマートICは西条IC―志和IC間の中間付近に整備する。交差する県道東広島向原線と山陽道を直接結ぶ「本線直結型」で、1日に約3千台の通行を見込む。周辺には複数の工業団地があり、アクセスの向上やさらなる企業立地などが期待されている。

 篠坂PAスマートICは笠岡ICと福山東ICのほぼ中間で、広島県境に近い笠岡市北西部にある。市南部に工業団地や工業用地があり、流通面でより便利になる見込み。小林嘉文市長は「物流や救急搬送で地元の企業や住民のプラスになる」と早期整備を願った。

 スマートIC新設に向け、交通需要などを調査する対象として東関東道検見川・真砂スマートIC(千葉市)など3カ所を選定。

 料金所を備えた通常ICの追加も決めた。北海道横断道釧路空港IC(北海道釧路市)を新設、東九州道志布志有明IC(鹿児島県志布志市)など2カ所をフル規格化する。


この記事の写真

  • 新設が正式に決まった八本松スマートIC(仮称)の予定地周辺

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧