• トップ >
  • >
  • 野党一本化、2区激戦も 1区石破氏の強さ健在【迫る衆院選 任期あと1年】<鳥取>

トピックス

野党一本化、2区激戦も 1区石破氏の強さ健在【迫る衆院選 任期あと1年】<鳥取>

2020/10/23 22:09

 ▽立民は「重点区」

 2005年以降の5回の衆院選で、自民党は鳥取県の二つの小選挙区を全勝してきた。次の衆院選では、鳥取2区が野党候補者の一本化により激戦となる可能性がある。6選を目指す自民党現職で内閣府副大臣の赤沢亮正氏(59)に、「重点区」と位置付ける立憲民主党の元職で党県連副代表の湯原俊二氏(57)が挑む。

 米子市で10日にあった、赤沢氏の衆院議員在職15周年を祝う集会。自民党元幹事長の石破茂氏(63)=鳥取1区=がビデオメッセージで「鳥取2区は極めて厳しい」と危機感を示し、支援を呼び掛けた。赤沢氏は副大臣として経済再生に取り組むとして「鳥取から地方創生を果たす」と訴えた。

 党県連幹部は「次に大臣を目指すためにも完勝する必要がある」として、地盤の引き締めを図る。
(ここまで 338文字/記事全文 977文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事