地域ニュース

【バスケットボール】ドラフラ、粘って連敗脱出を 24日から三遠と連戦

2020/10/23 22:37
攻撃の形を確認する広島の選手たち

攻撃の形を確認する広島の選手たち

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)西地区の広島は、24日(午後6時5分開始)、25日(同2時5分開始)に広島サンプラザで三遠との2連戦に臨む。現在1勝6敗と苦しんでいるが、6敗のうち、2敗は5点差以内。堀田監督は「うまくいっていないのは最後の5分。変えていきたい」と勝負弱さを払拭(ふっしょく)し、ホーム初勝利を目指す。

 試合後半に苦しんでいる。1勝6敗のクオーター別の得失点では、第1クオーターはほぼ五分だが、第4クオーターはマイナス27と最も分が悪い。前節の名古屋D戦も、2点リードの最終クオーターに18―25と主導権を奪われた。

 人が動き、パスを回して守備のずれを突く。23日の練習では、その一点を集中して確認した。「攻撃はエチェニケに任せて終わりじゃ駄目。前半に相手が嫌がることを感じ、生かさないと。昨季はできていたこと」と朝山。攻撃の幅を広げ、終盤に効果的な攻めを選ぶイメージを描く。

 三遠は7連敗中だが、前節から外国人選手が合流し、戦力は整いつつある。マーフィーは「細かいミスやリバウンドなど、全てに集中したい」と連敗脱出を期した。(矢野匡洋)


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧