トピックス

「被爆者と喜び分かち合いたい」 広島市の松井市長

2020/10/25 11:25

広島市の松井市長

 核兵器禁止条約の批准国・地域が発効に必要な50に達し、広島市の松井一実市長は25日「被爆者と喜びを分かち合いたい」などとするコメントを発表した。

 松井市長は条約について「ヒロシマの心を共有するための新たな国際的な枠組みで、発効は核兵器廃絶に向けた重要な一里塚」と強調した。条約を実効性の高いものにするための取り組みが次の課題となると指摘した。

【関連記事】

【核兵器禁止条約とは】核兵器に関わるあらゆる活動を禁止

核兵器禁止条約、年明け発効へ 批准50カ国、保有国に軍縮迫る

広島県原水協が声明「人間の尊厳を最優先する安全保障への大きな一歩」

「核兵器は許されない」と法的文書になる意味大きい 広島市立大広島平和研究所の水本和実教授

「廃絶への大きな一歩」被爆地・広島に喜び広がる 核兵器禁止条約年明け発効へ

平和首長会議「核保有国に条約運用協議への参加を強く要請する」と表明 国連加盟国などへの公開書簡で

爆心地座標、詳細に解明 広島大元助手、旧島病院の中庭付近

原爆で「消えた町」世界へ 市民団体、鉛筆画集の英訳出版

兄の弁当箱、毎夏に再会 神戸の竹田さん、6年前から見学会開催

亡き兄の弁当箱、捜し歩いた母の日記

特集・ヒロシマの空白


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧