• トップ >
  • トピックス >
  • 広島県原水協が声明「人間の尊厳を最優先する安全保障への大きな一歩」

トピックス

広島県原水協が声明「人間の尊厳を最優先する安全保障への大きな一歩」

2020/10/25 11:41

 広島県原水協は25日、核兵器禁止条約の批准数が50カ国・地域に達したの受けて「条約の発効は、人間の尊厳を最優先する安全保障への大きな一歩である」とする声明を発表した。

 声明では「『ふたたび被爆者をつくるな』『核兵器は廃絶するしかない』という被爆者の長年にわたる運動と、それを支援し続けた原水爆禁止運動の大きな成果」と強調した。

 一方で「戦争被爆国・日本政府が条約に背を向けていることに、世界の平和を願う人々から大きな失望が広がっている」とし、日本政府の参加を求めた。

【関連記事】

【核兵器禁止条約とは】核兵器に関わるあらゆる活動を禁止

核兵器禁止条約、年明け発効へ 批准50カ国、保有国に軍縮迫る

「核兵器は許されない」と法的文書になる意味大きい 広島市立大広島平和研究所の水本和実教授

「廃絶への大きな一歩」被爆地・広島に喜び広がる 核兵器禁止条約年明け発効へ

「被爆者と喜び分かち合いたい」 広島市の松井市長

平和首長会議「核保有国に条約運用協議への参加を強く要請する」と表明 国連加盟国などへの公開書簡で


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧