地域ニュース

【バレーボール】JT広島、FC東京下して開幕4連勝 

2020/10/25 18:17
【JT広島―FC東京】第2セット、JT広島の山本(中)がスパイクを決めて6―5とする

【JT広島―FC東京】第2セット、JT広島の山本(中)がスパイクを決めて6―5とする

 バレーボールのVリーグは25日、広島市南区の猫田記念体育館などであり、男子のJT広島はFC東京を3―0で下し、開幕4連勝を飾った。

 3セットとも僅差だったが、結果はストレート勝ちだった。好調の要因はチーム全体の完成度の高さにある。「誰が出ても同じレベルのプレーができるように鍛えてきた」と原監督。前日の武智、中島に代え、この日は山本、西が先発した。

 今季初先発となった山本は「気合は入っていたが、力みはなかった」と強調。言葉通り冷静なプレーで得点を決めた。特徴的だったのは第2セット、12―14の場面。それまで思い切りよくスパイクを打ち続けていた姿から一変し、相手ブロックの裏に落とす技ありの軟打。一進一退の状況でも焦ることなく、一瞬の隙を突いた。

 「粘り強い相手に集中を切らすことなく勝てた。チームにとって大きく成長できる一戦だった」と山本。主将の活躍でチームは完璧なスタートダッシュを決めた。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧