トピックス

岡山県知事選、伊原木氏3選

2020/10/26 0:00

当選確実の知らせを受け、万歳して喜ぶ伊原木さん(中央)

 岡山県知事選は25日投開票され、無所属現職の伊原木隆太氏(54)=自民、立憲民主、公明推薦=が、無所属新人で共産党岡山県委員会副委員長の森脇久紀氏(57)=共産推薦=を大差で破り、3選を果たした。教育問題や産業振興が争点だった。投票率は33・68%で、前回を0・23ポイント下回り、過去最低となった。

 伊原木氏は「児童生徒の学力を向上させ、企業誘致を進めた」と2期8年の実績をアピールし、県政の継続を訴えた。共産党を除く与野党が相乗りし、組織戦を展開。自民党を中心とした県議たち地方議員が各地の街頭演説に同行し、訴えの浸透を図った。伊原木氏は、日本維新の会の県組織や連合岡山の協力も受け、幅広い層から支持を得た。

 森脇氏は、正規教員増による教育現場の負担軽減や、新型コロナウイルスの影響で困窮する小規模事業者への手厚い支援などを掲げた。県政の転換を主張し、市民団体の支援も受けたが及ばなかった。

 当日有権者数は156万5549人。(中島大)


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧