地域ニュース

核兵器廃絶へ喜び分かつ 宮城の被爆者と基町高生「原爆の絵」で訴え継続

2020/10/25 21:35
川崎さん(右)に体験を話す木村さん。原爆で真っ赤にやけどした祖父の絵を見せた

川崎さん(右)に体験を話す木村さん。原爆で真っ赤にやけどした祖父の絵を見せた

 核兵器禁止条約の来年1月の発効が決まったと伝わった25日、世界に向けて核兵器廃絶を訴えてきた宮城県原爆被害者の会の木村緋紗子会長(83)=仙台市=が、訪問した広島市中区の基町高で生徒と喜びを分かち合った。「原爆の絵」の制作をする生徒に被爆体験を伝え、核兵器廃絶の訴えを一緒に世界に広げていこうと語り合った。
(ここまで 154文字/記事全文 611文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧