地域ニュース

妖怪 今も昔も<1>アマビコ  予言獣、疫病よけで拡散(2020年8月19日掲載)

2020/8/19 14:01
予言獣 尼彦(明治時代)

予言獣 尼彦(明治時代)

 新型コロナウイルスに見舞われた2020年夏。三次市三次町の妖怪博物館で展示中の、疫病封じの妖怪「アマビコ」の資料が注目を集めている。世相をも反映させ、人々の想像力が生み出してきた妖怪たち。同館で展示中の妖怪関連資料から、古今さまざまなその姿について、学芸員に解説してもらう。

 このコロナ禍の中で一躍、脚光を浴びた妖怪がいる。「アマビエ」である。京都大付属図書館(京都市)が所蔵する1枚の瓦版に描かれた妖怪は、会員制交流サイト(SNS)上で瞬く間に拡散された。さまざまな創作物、商品、また厚生労働省の啓発キャラクターにもなり、社会現象の様相を呈した。

 アマビエとは、いったい何者なのか。この問いが発せられたときに登場するのが、アマビコ(尼彦、阿磨比古など)である。実は、アマビエとされる資料は前述の1点しか確認されていない。アマビコの方が例として古い上に、残存数も多い。アマビコを転写する際に、「コ」が「エ」に変化し、アマビエになったという説が有力だ。

 そもそもアマビコは、江戸時代後期、主に肥後国(現在の熊本県)の海に現れ、豊凶と疫病の流行を予言したとされる予言獣である。「自分の姿を張り置けば難を逃れる」などとも言い残したという。疫病よけの御利益とともに広まり、護符として買い求める人や、自ら描く人もいた。

 昨今のアマビエブームでは、昔の人々が心のよりどころとした妖怪が、現代の私たちをも励まし、力づけてくれていることを実感する。妖怪は今も昔も、私たちのそばにいるのだ。(妖怪博物館学芸員 吉川奈緒子)=展示内容は記事掲載日現在


この記事の写真

  • 阿磨比古(江戸時代)
  • 尼彦入道(明治時代)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧