• トップ >
  • トピックス >
  • 鳥取県西伯郡の1人は松江市で確認の感染者らと会食 新型コロナ

トピックス

鳥取県西伯郡の1人は松江市で確認の感染者らと会食 新型コロナ

2020/10/26 18:11

鳥取県の新たな感染者について対策本部会議で説明する平井伸治知事

 鳥取県は26日、新型コロナウイルス感染が25日に判明した県西部の西伯郡の20代会社員女性は、自宅で17日、いずれも感染が確認された友人2人と会食していたと明らかにした。2人は、大都市部から帰省中だった20代女子学生と、松江市が26日に感染を発表した同市の20代女性。

【グラフ】中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数

 24日に女子学生の陽性が県外で確認されたことを受け、西伯郡の女性と松江市の女性が25日に接触者としてPCR検査を受け、陽性となった。いずれも軽症か無症状という。会食はマスクを外したまま約4時間に及んでおり、県は会食を通じて感染が広がったとみている。

 女子学生の家族で、西伯郡の50代会社員女性も25日、感染が確認されている。軽症という。

【関連記事】

鳥取県で新たに2人感染、県内37日ぶり確認 新型コロナ

鳥取で1人感染 新型コロナ、境港の50代女性

鳥取のクラスター新たに1人感染 新型コロナ

鳥取県、クラスター対応条例案 全国初、営業停止や名称公表


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧