地域ニュース

本川小日米交流、未来語る教材に 戦後復興助けた米国人に児童が書画贈る

2020/10/26 16:00
児童が授業で考えたことをまとめたミニ新聞

児童が授業で考えたことをまとめたミニ新聞

 福山大の小原友行教授(69)=社会科教育=が、平和学習で使う新たな教材作りに取り組んでいる。戦後間もない頃、ある米国人が爆心地近くの本川小(広島市中区)の復興を支え、児童がお礼の書画を贈って交流を深めた逸話を題材に、異文化理解の大切さを説く内容。児童に学んだことや考えをミニ新聞にまとめさせることが特徴だ。
(ここまで 154文字/記事全文 701文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 本川小児童が米国へ送ったお礼の絵を見せ、授業をする小原教授(奥右端)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧