トピックス

案里被告が保釈 克行被告公判は4日再開

2020/10/27 23:55

保釈され、東京拘置所の建物を出る河井案里被告(27日午後8時55分、撮影・浜岡学)

 昨年7月の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、公選法違反罪に問われた河井案里被告(47)=参院広島=が27日、東京拘置所(東京都葛飾区)から保釈された。東京地裁は同日、保釈を認める決定をした。東京地検が不服として抗告したが、東京高裁が棄却した。保釈保証金は1200万円で、案里被告側は現金で即日納付した。

 案里被告は同日午後8時55分ごろ、薄紫色のハイネックのセーター姿で拘置所の玄関に現れた。マスクを外して一礼し、無言のまま迎えの黒いミニバンに乗り込んだ。車両は参院議員宿舎(千代田区)に入った。

 案里被告の弁護人は16日に5回目の保釈請求をしていた。予定された証人尋問は終わり、裁判所側は証拠隠滅や逃亡の恐れは少ないと判断したとみられる。保釈請求の際に案里被告から上申書が提出され、関係者によると保釈後も必ず公判に出廷するとの趣旨が書かれていたという。

 一方、夫で元法相の克行被告(57)=衆院広島3区、同法違反罪で起訴=の公判が11月4日に再開されることが関係者への取材で分かった。検察側、弁護側双方の主張を整理し、証人尋問などの審理日程を話し合うとみられる。元法相はこれまでに4回保釈を請求したが、いずれも退けられた。

 案里被告は克行被告と共謀し、参院選前に地方議員5人に計170万円を渡したとして6月18日、共に逮捕され、東京拘置所に勾留された。両被告は8月25日の初公判で無罪を主張。その後、弁護人を解任した克行被告の公判が中断した一方、案里被告の審理が先行して進んでいる。11月13日から被告人質問があり、その後は検察側の論告や弁護側の最終弁論を経て年内にも結審する見通しだ。

【関連記事】

案里氏「私なら辞職」非難の矛先がブーメランに

克行被告が非難「なんで検察官を向くんだ」 河井夫妻公判、案里被告秘書の証言中

溝手氏の批判ブログに投稿 克行被告、業者に指示

特集・河井夫妻買収事件公判


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧