地域ニュース

東広島市と広島国際大、フレイル予防でタッグ サポーター養成やAI活用、健康寿命延ばす

2020/10/28 7:53
フレイル対策のプロジェクトについて説明する高垣市長(左)と焼広学長

フレイル対策のプロジェクトについて説明する高垣市長(左)と焼広学長

 東広島市と広島国際大(同市黒瀬学園台)は27日、要介護の手前とされるフレイル(虚弱)予防で連携し、地域の健康寿命を延ばすプロジェクトを始めると発表した。同大東広島キャンパスを拠点に、地域での見守りに従事するサポーターの養成などを進める。
(ここまで 119文字/記事全文 537文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧