カープ

福山大初指名、巨人育成の山崎投手 直球が自慢、支配下誓う

2020/10/28 8:55
仲間に肩車をされ、指名を喜ぶ山崎投手

仲間に肩車をされ、指名を喜ぶ山崎投手

 26日にあったプロ野球ドラフト会議で、福山大硬式野球部4年の山崎友輔投手(22)が巨人から育成10位で指名された。同大から指名されるのは初めて。「一日も早く支配下登録され、プロのマウンドで三振を取る」と力強く誓った。
(ここまで 109文字/記事全文 380文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

関連記事の最新記事
一覧

  • 希望の若ゴイ7人が入団会見 (12/15)

     広島東洋カープは15日、広島市中区のホテルで新人7選手の入団会見を開いた。「社会人ナンバーワン右腕」として即戦力の期待が懸かるドラフト1位の栗林良吏(りょうじ)投手(24)=トヨタ自動車=は「先発な...

  • 新人7人入団会見 ドラ1栗林「投げっぷりの良さ見て」 (12/15)

     2年連続Bクラスからの巻き返しを期す広島に、新戦力が加わった。15日に広島市内であった入団会見で、新人7選手は初々しくプロ野球選手としての第一声を発した。

  • 栗林、背番号「20」に 「先発なら10勝以上。一番の記録残す」 (12/15)

     背番号「20」を託されたドラフト1位の社会人ナンバーワン右腕は、「一番」にこだわる姿勢を見せた。「何かチームで一番の記録を残せたら。たくさんの人たちに愛されて、引退する時、もう1年やってほしかったな...

  • ドラ2森浦「巨人の岡本にリベンジしたい」 (12/15)

     ドラフト2位の森浦は、マウンド上と同じように壇上でもポーカーフェースを貫いた。「コントロールで勝負するタイプ。内外角を投げ分けて、打者を打ち取っていきたい」。静かな口調で、持ち味をアピールした。

  • ドラ3大道「球場を『大道ワールド』にする」 (12/15)

     ドラフト3位の大道は、端正な顔立ちをさらにきりっとさせた。「球場を『大道ワールド』にしたい」。独特の表現でファンを魅了する投球を宣言した。

  • 集計中です