• トップ >
  • トピックス >
  • ホテル撤回、代案協議へ 福山駅南北土地交換、市とJRが確認書

トピックス

ホテル撤回、代案協議へ 福山駅南北土地交換、市とJRが確認書

2020/10/28 23:31

 福山市とJR西日本が福山駅南北の土地を交換し、JRが北口に複合施設などを整備する計画を巡り、市は28日、ホテル機能の撤回などを申し入れたJR西と確認書を交わしたと発表した。JR西がホテルの代案を示し、2021年3月を期限として再協議する内容。枝広直幹市長はこの日の記者会見で、市民が納得できない計画であれば土地交換を白紙に戻すこともあり得るとの認識を示した。

 確認書は、枝広市長とJR西執行役員の平島道孝岡山支社長が27日に交わした。JR西が建物の用途からホテルを除いた、より良い計画を市に提出。21年3月末まで再協議する。土地交換する場合は価格を改めて評価するとした。

 JR西は8月、市に対し、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う業績悪化を理由に、土地交換の1年延期やホテル機能の撤回などを申し入れた。その後、事務レベルでホテルに代わる機能などを話し合っているが、市によると、JR西から十分な提案はないという。現在の協定では、21年3月末までに土地交換すると明記している。

 枝広市長は、会見で「JRは良好なパートナー。市民も納得する計画がJRから提示されるのを期待したい」と述べた。一方で、土地交換が再協議の前提かとの問いには「全体が再協議になっている。協議がまとまる中で、望ましいなら土地交換する」とし、交換の撤回にも含みを持たせた。(門戸隆彦)

【関連記事】

福山駅南北の土地交換、JR西が1年延期申し入れ ホテル計画撤回へ

駅北口に「マイスを」 福山商議所林会頭、JRに要望へ

市民6割「知らない」 福山駅南北、土地交換に伴う開発計画

福山駅北口のホテルは6階建て 色調に景観配慮

福山駅北口 ホテル構想 JR西検討 市に土地交換提案へ


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧