地域ニュース

妖怪コスプレ練り歩く 伝説残る三次の石畳通り(2019年4月28日掲載)

2020/10/29 20:37
鬼やカッパに仮装してパレードを楽しむ市民たち

鬼やカッパに仮装してパレードを楽しむ市民たち

 妖怪伝説「稲生物怪(いのうもののけ)録」が伝わる三次市三次町の石畳通り一帯で27日、「もののけパレード」があった。事前の募集に応じた市民たち約170人が、妖怪のコスプレ姿などで練り歩いた。

 稲生物怪録の魔王に扮(ふん)した、ミュージシャンで俳優の泉谷しげるさん(70)の宣言でスタート。市民有志による「三次どんちゃん」の軽快な笛や太鼓の音に合わせ、県内外の妖怪好きたちがカッパやからすてんぐなどの思い思いの仮装姿で約1キロをパレードした。

 26日に同町で開館した妖怪博物館の関連イベントの一環。骸骨姿で参加した奈良市の看護師井上郁朗さん(36)は「レトロな通りの雰囲気が妖怪に合って楽しい」と満喫していた。(高橋穂)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧