トピックス

マスク重ね着、ハロウィーン 広島の本通り、若者が仮装

2020/10/31

友人同士で仮装をして記念撮影する学生=広島市中区(撮影・大川万優)

 ハロウィーンの31日、広島市中区の本通り商店街でも仮装を楽しむ若者たちの姿が見られた。変装用のマスクの下に普通のマスクを「重ね着」するなど、新型コロナウイルス対策に注意を払いながら楽しんだ。

 専門学校生の中田優吏さん(20)=南区=は、学校の友人6人とともに人気漫画「鬼滅の刃」や「ONE PIECE(ワンピース)」のキャラクターになりきった。「外出を我慢してきた分、マナーを守って目いっぱい楽しみたい」と顔をほころばせた。

 少人数で買い物や記念撮影に興じるケースが目立った。専門学校生の井上真衣さん(19)=中区=は「かわいい格好をするだけでも気分が盛り上がる。思い出をつくりたい」と、クラスメート4人でウサギのコスプレをして商店街を歩いた。(城戸良彰) 

【関連記事】

妖怪と来場者交流 三次で「もののけハロウィン」

地味で笑えるハロウィーン 「日常あるある」共感、31日広島でもイベント


この記事の写真

  • 本通り商店街でハロウィーンを楽しむ人たち(31日午後5時31分、撮影・大川万優)
  • 本通り商店街でハロウィーンを楽しむ人たち(31日午後5時13分、撮影・大川万優)
  • 本通り商店街でハロウィーンを楽しむ人たち(31日午後5時23分、撮影・大川万優)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧