地域ニュース

コロナ下の島根原発避難訓練 検温や健康チェック

2020/10/31
バスに乗り込む前に、防護服を着た市職員(左)から非接触体温計で検温を受ける住民

バスに乗り込む前に、防護服を着た市職員(左)から非接触体温計で検温を受ける住民

 中国電力島根原発(松江市鹿島町)の重大事故を想定した島根、鳥取両県などの原子力防災訓練で31日、住民の避難訓練が鹿島町などであった。新型コロナウイルス感染症を意識し、避難時の検温や健康チェックなどの流れを確認した。

 訓練は、地震や電源トラブルにより2号機の注水機能が失われ、国が避難指示を出したとの想定。原発5キロ圏内(PAZ)の鹿島町では、バスで避難する人向けの一時集結所に指定された3カ所の集会所で住民計約60人が一連の動きを体験した。
(ここまで 217文字/記事全文 618文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧