地域ニュース

【#輪になれ広島】作業所「つくる姿」を動画に、HPで協力企業紹介 広島市就労支援センター、販路拡大に力

2020/11/1 21:14
手作りパンをPRする通所者たちの姿を収めた動画の一場面

手作りパンをPRする通所者たちの姿を収めた動画の一場面

 広島市就労支援センター(西区)が、作業所に通う障害者が作る菓子や雑貨などの販路拡大に力を入れている。商品のPR動画を初めて制作したほか、販売に協力している地元企業の取り組みをホームページ(HP)で発信。新型コロナウイルス感染拡大でイベント中止が相次ぎ、減収に悩む作業所の活動を後押しする。

 動画制作には、呼び掛けに応じた市内の作業所13施設が参加。各施設から提供を受けた映像をつないで約5分にまとめた。通所者がパンやクッキー、布マスク、木工製品、文房具などの製造に励む姿を紹介している。

 同センター職員も登場し「障害のある方にとって商品を作ることは大事な仕事であり、生きがいでもあります」などと書いたメッセージボードでアピールする。動画投稿サイト「ユーチューブ」に載せた。

 各作業所は例年、地域のイベントに出店して商品を販売しているが、今年は感染拡大防止のため多くの催しが中止になり、売り上げが激減。通所者の工賃引き下げにつながり、作業所運営にも影を落としている。

 同センターは作業所の活動を支援している企業の事例もHPに掲載。従業員が気軽に買える「置き菓子」コーナーを設けた会社や商品販売を引き受けた量販店を紹介し、同様の取り組みの拡大を目指す。永川静優(せいゆう)所長は「障害者の活動の場が失われないよう支援の輪を広げたい」と話している。(奥田美奈子) 

【#輪になれ広島】

ひろしまモールに秋冬号 広島県、商品カタログ第2弾

コロナ対策の商品交流会 福山32社、魅力アピール

広島産品、買って応援を シャレオでプレイベント開幕

動画配信で音楽祭、コロナ下の部活成果披露 広島県高校総合文化祭が開幕

櫂伝馬で大崎上島ぐるり 大崎海星高生が17日挑戦

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧