地域ニュース

安倍前首相ねぎらい山口県庁で式典 職員ら500人「有志で」花束

2020/11/2 18:02
大勢の県職員(奥)の盛大な拍手に迎えられ、村岡知事(手前左)の案内で県庁入りする安倍前首相

大勢の県職員(奥)の盛大な拍手に迎えられ、村岡知事(手前左)の案内で県庁入りする安倍前首相

 首相辞任後に初めて地元入りしている安倍晋三前首相は2日、山口県庁を訪れ、県が企画したセレモニーに出席した。県職員や与党県議たち約500人が出迎え、首相に在任した約7年8カ月間の功績をねぎらった。

 安倍前首相は村岡嗣政知事のエスコートで妻昭恵さんとともに登場。女性職員2人が「有志がお金を出し合って買った」という花束を夫妻に手渡した。安倍前首相は「今後は山口出身の国会議員として地方創生に全力で取り組む。憲法改正などやり残した仕事もしたい」と抱負を述べた。

 県は第1、2次安倍政権の発足時や首相在任最長記録の達成時など計4回、公費を使って県庁で記念の横断幕を掲げたり、功績をたたえるパネル展を開いたりし、「税金で特定政党を応援するのはおかしい」などの批判を受けている。

 この日も安倍前首相の訪問に先立ち、本庁舎で働く職員約2100人に業務に支障のない範囲でセレモニーに出席するよう庁内放送などで案内。全体の4分の1近い人数が花道をつくった。(門脇正樹、山下美波、中川晃平)

【関連記事】

「首相連続在職最長」看板も降板 山口県、公費設置に批判続く

首相在職最長 山口県庁に祝福の横断幕

最長宰相、自民王国で絶大な存在感

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧