• トップ >
  • トピックス >
  • 中国5県の感染、10月は230人 新型コロナ、岡山でクラスター続発129人 広島85人、山口12人

トピックス

中国5県の感染、10月は230人 新型コロナ、岡山でクラスター続発129人 広島85人、山口12人

2020/11/3 8:09

 中国5県が10月に公表した新型コロナウイルスの感染者は計230人だった。「第2波」が始まったとされる7月以降、断続的にクラスター(感染者集団)が発生し、4カ月連続で100人を超えた。10月は新型コロナが原因でない人も含め、感染者計5人が亡くなった。

 各県によると、10月に確認した感染者は、広島85人▽山口12人▽岡山129人▽島根1人▽鳥取3人―だった。月別でみると、広島は3月以降で最多の7月(160人)から3カ月連続で減少した。一方、岡山は10月、病院や事業所など五つのクラスターが相次いで発生し、8月の66人を上回って最多となった。

 年代別では、非公表5人を除くと、20代が59人(26・2%)で最も多く、50代33人、40代30人―と続いた。重症化リスクが高まるとされる60代以上は71人で3割に上り、9月時点より割合が高まった。

 5県で3〜10月に公表された感染者は再陽性を除き累計で1329人。人口100万人当たりでみると、東京や大阪と比べて少ない。死亡は広島2人、岡山3人の計5人で、月別では最多。10月末までの累計は11人となった。

 広島大病院感染症科の大毛宏喜教授は「全国では『夜の街』だけでなく医療・福祉施設や職場、学校でのクラスターが目立ってきた」と指摘。「食事や休憩の時に距離を取ったり時間をずらしたりして、濃厚接触を減らす工夫をしてほしい」と呼び掛ける。(衣川圭) 

【関連記事】

【グラフ】中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数

広島県民のコロナ陽性0・13% 抗体検査「感染の広がり抑制」

呉市の80代、新型コロナで死亡 市内で初、県内4人目

呉の老健施設、止まらぬ新型コロナ感染 再検査で陽性/高齢者リスクも

岡山県で1人死亡 新型コロナに感染、県内5人目

岡山県で31人感染、1人死亡 新型コロナ、26人は勝央町の会社クラスター


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧