• トップ >
  • トピックス >
  • 鳥取県「安心観光地」に3エリア追加 「皆生」や「はわい」、コロナ感染防止策徹底

トピックス

鳥取県「安心観光地」に3エリア追加 「皆生」や「はわい」、コロナ感染防止策徹底

2020/11/3 16:51

 鳥取県は、観光地や飲食街など地域単位で新型コロナウイルスの感染防止策を徹底し、集客を図る「安心観光・飲食エリア」として、新たに皆生温泉(米子市)はわい温泉・東郷温泉(湯梨浜町)若桜(わかさ)氷ノ山(ひょうのせん=若桜町)の3エリアの市町、団体と協定を結んだ。各地区はカニやスキーが売りとなる冬の観光シーズンを前に対策を整え、「エリア」を宣言する。

 新型コロナで打撃を受けた観光・飲食業の再生を目指す全国初の取り組みで、既に宣言した大山寺(大山町)鳥取砂丘(鳥取市)に続き計5エリアに広がる。

 指定エリア内の飲食、宿泊、観光の全施設が参画する。皆生温泉と、はわい温泉・東郷温泉は、温泉旅館や飲食店などそれぞれ47施設、41施設。若桜氷ノ山はスキー場、宿泊、キャンプ場など18施設。県などのガイドラインに沿った感染防止策を徹底し、エリア内の施設が相互に2週間に1回、県と市町が月に1回、対策を点検する。各施設は県の新型コロナ対策認証事業所制度の認証も目指す。

 平井伸治知事は「全国でも感染が少ない鳥取が観光地として注目されている。安心で安全な旅を保証するメッセージを発信したい」と述べた。(小畑浩) 


この記事の写真

  • 安心観光・飲食エリアとして鳥取県と協定を結んだ東郷池周辺のはわい温泉・東郷温泉エリア

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧