地域ニュース

若手育成に手腕、ファン惜しむ声 水本2軍監督辞任

2020/11/3 21:21
1日のウエスタン・リーグ今季最終戦で審判に選手交代を告げる水本監督。この試合が最後の指揮となった(撮影・山下悟史)

1日のウエスタン・リーグ今季最終戦で審判に選手交代を告げる水本監督。この試合が最後の指揮となった(撮影・山下悟史)

 広島東洋カープ2軍の水本勝己監督(52)の辞任が発表された。本拠地・由宇球場がある岩国市のファンからは、若手を育てた手腕を惜しむ声や感謝の声が相次いだ。

 「名選手イコール名監督ではないことを実証した」と話すのはカープ由宇協力会の出雲忠事務局長(69)。2016年の就任当時の知名度は低かったが、多くの若手を1軍に送り出し、同年からの1軍の3連覇を下支えした。今シーズンも羽月隆太郎内野手や育成出身の大盛穂外野手たちが1軍で活躍した。
(ここまで 217文字/記事全文 605文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧