地域ニュース

こつこつ改修、田舎生活満喫 広島、山の管理に苦労も

2020/11/3 21:21
塗り壁に使うこてを手に、空き家改修などの楽しさと苦労を話す別木さん

塗り壁に使うこてを手に、空き家改修などの楽しさと苦労を話す別木さん

 全国で増え続け、活用が進まない空き家。広島市安佐北区安佐町小河内では、東区の日本語講師別木伸行さん(50)が空き家バンクを運営するNPO法人の支援を受けて空き家を借り、改修を続けている。山あいならではの静かな時を過ごせると満足する一方、荒れた山の管理に手間がかかるなど想定外の苦労をすることも多いという。

 別木さんは2015年に小河内であった田舎生活の体験塾に参加。野菜の種まきや収穫などを通して、緑に囲まれた集落の魅力にほれ込んだ。昨年5月に8年間空き家だった築50年以上の木造家屋を無償で借り、通いながら改修を続ける。
(ここまで 262文字/記事全文 670文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧