• トップ >
  • >
  • 岡山県内の新型コロナ感染者、300人超す 死者6人、再拡大のペース加速

トピックス

岡山県内の新型コロナ感染者、300人超す 死者6人、再拡大のペース加速

2020/11/4 20:54

岡山市民病院が公開したコロナの重症患者向けの個室

 岡山県内の新型コロナウイルスの新規感染者が300人を超え、死者が中国地方5県で最多の6人となった。10月から今月4日までに各地の病院や高齢者施設、事業所などで6例のクラスター(感染者集団)と二次感染を認め、再拡大のペースが加速している。重症化リスクが高い高齢者が集まる場所でクラスターが起きており、死亡のリスクを同時に高めている。医療機関は発熱外来や病棟の機能を強化し、インフルエンザとの同時流行に備えている。

 感染確認が急増したのは200人を超えた10月25日から。9日間で100人増えた。クラスターの発生場所は、津山中央病院(津山市)やグループホーム「吉備の里」(総社市)、勝央町の事業所など。特に、勝央町の事業所では30人規模のクラスターが発生し、感染者数を押し上げた。クラスターは、最初の感染確認から計9例となった。
(ここまで 363文字/記事全文 882文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事