地域ニュース

核禁条約の発効、カウントダウン 県被団協理事長代行、自宅にボード

2020/11/4 22:55
自宅の玄関近くに設けたカウントダウンボードの説明をする箕牧さん

自宅の玄関近くに設けたカウントダウンボードの説明をする箕牧さん

 来年1月の核兵器禁止条約発効を前に、広島県被団協(坪井直理事長)の箕牧智之理事長代行(78)が、北広島町吉木の自宅に発行までの日数を示すカウントダウンボードを設けた。核兵器の開発や保有を全面的に禁止する条約について、関心を高める狙い。

 玄関近くの柱に取り付けたボードは横約1・8メートル、縦0・7メートル。「核兵器禁止条約発効まであと○日」と印刷した紙を板に留め、数字を毎日入れ替えて残り日数を表示している。目立つよう、赤の装飾で囲んでいる。

 長崎市が10月26日、条約発効までのカウントダウンボードを市役所前に設けたことを踏まえ、独自のボードを作成して自宅に置くことを決めた。

 条約は批准数が50カ国・地域に達し、来年1月22日に発効する。ボードは今後、県被団協事務所(広島市中区)にも設ける考えでいる。箕牧さんは「条約発効決定の一報には勇気をもらった。この条約をより多くの人に知ってもらい、核兵器廃絶への声を上げ続けていきたい」と話している。(山田太一)

【関連記事】

核兵器禁止条約発効へ 論点は【関連記事リンク集】

「核兵器廃絶まで取り組み続ける」 被爆者団体ら平和記念公園で決意【動画】

核兵器禁止条約、日本批准へ署名活動 原水協、東京でスタート集会

核兵器禁止条約、1月発効 使用や威嚇、違法に 批准50カ国・地域、保有国や日本は不参加

核禁止条約不参加「変わらない」 官房長官、実効性を疑問視

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧