• トップ >
  • >
  • 広島県への移住相談、AI「あびぃちゃん」にお任せ 県が本格運用開始 時間外でも対応

トピックス

広島県への移住相談、AI「あびぃちゃん」にお任せ 県が本格運用開始 時間外でも対応

2020/11/5 11:10

スマートフォンのあびぃちゃんの画面

 広島県は、人工知能(AI)を活用した移住相談システム「あびぃちゃん」の本格運用を始めた。相談者のニーズや検討の熟度を判断し、回答を出し分ける機能を備えた。昨年11月に始めた試行で、多い日には700件以上の相談に対応。窓口の業務時間外の利用が8割を超えており、いつでも、どこでも対応できるのを売りにする。

 相談希望者は、無料通信アプリLINE(ライン)であびぃちゃんの公式アカウントを「友だち」に登録し、出身地や現住所、移住の希望時期などを入力する。登録者数は10月11日時点で1万7822人。県外が96・3%を占めており、内訳は東京都16・7%、大阪府8・2%、神奈川県7・7%の順に多い。

 相談者が興味のある地域を示すと、直近の移住イベントや移住者の体験談などが示される。仕事を問えば県が独自に掘り起こした約200社の求人情報から、関心の高そうな職種を複数紹介してくれる。1日の相談件数は9月下旬、最高の742件を記録した。
(ここまで 414文字/記事全文 745文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事