• トップ >
  • >
  • 【週末リポート 有岡英俊】錦帯橋一帯、価値どう共有 岩国市が目指す「国重文景観」

トピックス

【週末リポート 有岡英俊】錦帯橋一帯、価値どう共有 岩国市が目指す「国重文景観」

2020/11/5 20:43

国重要文化的景観への選定を目指す錦帯橋周辺の城下町。手前が横山地区、奥が岩国地区

 岩国市が、錦帯橋と岩国城下町を中心とした錦川下流域を対象に「国重要文化的景観」への選定を目指している。錦帯橋と周辺への観光客を増やし、回遊性を高めたい考えだ。江戸期の風情が少しずつ失われ、住民の意識に温度差もある中、歴史ある町並みや景観の価値をどう共有し、どう保つのか。住民との対話を深める必要がある。
(ここまで 152文字/記事全文 1501文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 市景観計画の変更案について住民から質問が上がった横山地区の説明会
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事