地域ニュース

障害者手作り品、郵便局でお求め コロナで販売減、支援の輪

2020/11/5 23:00
グラノード広島郵便局を視察してパンを選ぶ松井市長(左端)

グラノード広島郵便局を視察してパンを選ぶ松井市長(左端)

 広島市内の障害者施設に通う障害者が焼いたクッキーやパンなどを、郵便局で試験販売する取り組みが進んでいる。新型コロナウイルスの影響でイベントなどでの販売機会が減る中、市と日本郵便(東京)の連携協定に基づき、障害者を支援している。
(ここまで 114文字/記事全文 559文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧