地域ニュース

案里氏「議員続けたい」、世耕氏と面会 秘書ら起訴(2020年3月26日掲載)

2020/3/26 23:15
河井案里氏

河井案里氏

 自民党の河井案里氏(参院広島)と、夫の克行前法相(広島3区)の秘書2人が24日起訴された公選法違反事件を巡り、案里氏は25日、同党の世耕弘成参院幹事長と国会内で会い、「裁判の状況を見守りながら、今まで通り議員活動を続けたい」と伝えた。

 世耕氏が報道陣に明らかにした。事情を説明するよう呼び出された案里氏は面会で「選挙活動に専念していたので、秘書がどういう業務だったか知る由もない」とし、自らの関与を改めて否定。広島地検が当選無効となる連座制を視野に「百日裁判」を申し立てた状況を踏まえ、「裁判の決定が出たら従いたい」とも語ったという。

 事件を巡り、立憲民主党の芝博一参院国対委員長は、自民党の末松信介参院国対委員長と会談し、政治倫理審査会で案里氏に説明させるよう要求した。

 一方、克行氏も秘書起訴から一夜明けた25日、報道陣の前には姿を見せず、議員会館の事務所も鍵が掛けられていた。(境信重)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧