地域ニュース

10年かけ純米しょうゆ開発 安来の大正屋醤油店、食物アレルギーでも常用OK

2020/11/8 15:59
米で製造したしょうゆを手にする山本専務(右)

米で製造したしょうゆを手にする山本専務(右)

 安来市伯太町の大正屋醤油(しょうゆ)店が、米を原料にしたしょうゆの販売を始めた。通常は大豆と小麦を使うが、食物アレルギーがある人も常用できるようにと開発した。東京農業大で学んだ4代目となる山本周作専務(40)が研究を重ね、製造をやめた店から醸造のノウハウを継ぎ、構想から約10年で完成させた。
(ここまで 147文字/記事全文 655文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧