トピックス

世羅が17連覇 広島県高校駅伝男子、50度目の全国出場へ

2020/11/8 17:22

広島県高校駅伝の男子で17連覇し、両手を広げてゴールする世羅のアンカー吉本真啓

 全国高校駅伝の出場権を懸けた広島県高校駅伝の男子は8日、三次市のみよし運動公園陸上競技場のトラック周回(7区間42・195キロ)で40校が競った。世羅が2位以下を大きく引き離して制し、2時間4分54秒49で17年連続50度目の都大路切符を手にした。

 【写真集】広島県高校駅伝男子

 古豪・世羅が好タイムで節目となる50回目の全国高校駅伝の出場を決めた。ケニア人留学生を温存する中、原動力となったのは2年生の「ダブル翔太」、3区塩出翔太、4区森下翔太の快走だった。

 未経験のたすきのない駅伝レース。1区(1万メートル)の新谷紘ノ介主将が30分25秒66とやや苦しみ、2区を終えた時点では2位広島国際学院に約6秒差ににじり寄られていた。だが3区(8107・5メートル)の塩出が「自分でしっかり差を広げるつもりだった」とハイペースで刻み、23分59秒18で2位とのリードを1分30秒以上に拡大。4区(8087・5メートル)の森下も23分49秒17で後続との差を広げ、17連覇を盤石にした。

 ともに5000メートルの自己記録が13分57秒台。「他人に関係なく、自分の走りができるようになった」とマイペースを貫く森下に対し、塩出は「負けたくないから、練習からバチバチしながら走っている」と対抗心を燃やす。

 2人を含めて13分台を4人そろえ、「世羅史上最速」の呼び声が高いチーム。新宅昭二監督は「速さに強さが伴うよう、しっかり調整していきたい」と5年ぶりの都大路制覇を見据えた。

【関連記事】
元監督が語る育成法 ダイソー女子駅伝部監督の岩本真弥さん


【高校駅伝の関連記事】
世羅が12連覇 広島県高校駅伝女子、15度目都大路切符
男子は倉敷V、女子は興譲館 全国高校の岡山予選
西京快走、貫禄の男女V 山口県高校駅伝
平田が男女でV 全国高校の島根予選


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧