• トップ >
  • トピックス >
  • 中国地方、82市町村が「転出超過」 19年、最多は福山市2569人 転入超過は25市町村【全市町村データ】

トピックス

中国地方、82市町村が「転出超過」 19年、最多は福山市2569人 転入超過は25市町村【全市町村データ】

2020/11/8 21:02

 総務省がまとめた2019年の人口移動報告によると、中国地方の全107市町村の82市町村(76・6%)が、転出者数が転入者数を上回る「転出超過」となった。一方、転入超過となったのは25市町村(23・4%)だった。

 市町村別で、転出超過数が最も多かったのは福山市の2569人。18年に続き中国地方最多で、転出超過数は18年の1998人から拡大した。次いで、岡山市1989人、呉市1533人、広島市1220人だった。

 転入超過の最多は下松市で416人。廿日市市213人、防府市212人、総社市136人と続いた。全域が過疎地域となっている町村でも、広島県北広島町や島根県吉賀町などが転入超過となった。

【関連記事】

広島県、人口280万人割れ 35年11カ月ぶり 4月1日時点

給油所過疎地、旧市町村の55% 中国地方で閉店相次ぐ、需要減り後継者も不足

東京圏、再び「転入超過」に 総務省の9月集計

「転出超」広島は72社 中国地方10―19年、全国で5番目

島根県人口、19年連続社会減


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧