地域ニュース

伝統の「お通り」、園児が行列披露 庄原の東城保育所

2020/11/9 21:04
保護者らが見守る中、母衣のサザンカを揺らしながら歩く園児たち保護者らが見守る中、母衣のサザンカを揺らしながら歩く園児たち

保護者らが見守る中、母衣のサザンカを揺らしながら歩く園児たち保護者らが見守る中、母衣のサザンカを揺らしながら歩く園児たち

 庄原市東城町川東の東城保育所の園児が、同町の秋の伝統行事「お通り」にちなんだ行列を、園内で披露した。新型コロナウイルスの影響で町の行事が軒並み中止になり、園児の発表機会がなくなったのを受けて園が企画。集まった保護者を前に、華やかな時代絵巻を演じた。

 年長児30人が、お通りと同様に殿や姫、やり隊や鉄砲隊などに扮(ふん)し、「下に、下に」の掛け声に合わせて、園内の廊下約40メートルを往復した。サザンカや武者人形を飾り付けた矢よけの武具「母衣(ほろ)」を背負った園児も登場し、行列に彩りを添えた。

 殿を演じた清水太陽ちゃん(6)は「この日のためにせりふをいっぱい練習した。みんなで楽しく演じられた」と笑顔だった。

 7日、町中心部の商店街を練り歩く予定だったが、雨のため園内で開いた。(伊藤友一) 

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧