• トップ >
  • トピックス >
  • 入院の有無、医師が診察し判断 広島県のコロナ無症状感染者ら、一律入院を変更

トピックス

入院の有無、医師が診察し判断 広島県のコロナ無症状感染者ら、一律入院を変更

2020/11/9 22:13

 新型コロナウイルスの軽症、無症状の感染者は原則としてホテルなどで療養すると国が方針を明確にしたのを受けて、広島県は、療養前に入院が必要かどうかを医師の診察で判断する運用を始めた。従来は症状の有無や程度を問わず、いったん入院してもらっていた。病院の負担や院内感染のリスクを減らす狙い。

 新たな運用では、保健所を持つ県と広島、呉、福山の3市が軽症や無症状の感染者を確認した場合、県の調整本部が感染症指定医療機関や協力病院の中から受診先を決める。受診先は感染者のいる場所との近さや入院ベッド(病床)の状況などを踏まえて選び、搬送は各保健所が担う。

 診察は経験豊富な医師が当たり、症状が悪化しないかどうか見極める。その結果、医師が入院の必要がないと判断すれば、保健所がホテルなどの宿泊療養施設に運ぶ。症状や受け入れ側の態勢によっては、外来診察ではなく、入院して診察するケースもあるという。

 政府は10月9日、入院する感染者を重症者や重症化リスクの高い人に絞るよう政令を改正した。軽症と無症状の場合、65歳以上の高齢者や持病のある人、医師が必要と判断した人が対象となる。一方でまん延を防ぐために、知事が感染者全員を入院させる必要性を判断できる余地も残した。

 広島県で稼働している宿泊療養施設は県西部のホテル1カ所だけで、県は感染状況を見て増やす。国が政令に盛り込んだ自宅での療養要請は、県内では当面、実施しない。県健康対策課は「症状のない感染者が数日後に発症した事例もあった。一律の対応はせず、安心して療養できるようにしたい」としている。(宮野史康) 

【関連記事】

広島県民のコロナ陽性0・13% 抗体検査「感染の広がり抑制」

コロナ療養ホテルに選定要件 広島県、室数や設備ポイント化

定期PCR検査、実施1割 広島県内のコロナ受け入れ48病院


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧

  • 【速報】鳥取県で1人感染、11日の新型コロナ (5/11)

     鳥取県は11日、県西部で1人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県外在住で、年代や性別は非公表。医療機関で実施したPCR検査で陽性となったという。 【グラフ】鳥取県の新型コロナウイルス感染...

  • パトカーに追跡され4台と衝突、逃走の男を逮捕 広島県警 (5/11)

     広島市中心部の中区と西区で3月上旬、パトカーに追跡された軽乗用車が計4台の車に衝突しながら逃走した事件で、広島県警は11日午前、鳥取市の50代男を自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃...

  • 中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数 (5/11)

     中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況【グラフ】山口県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況【グラフ】岡山県の新型コロナウイルス感染者...

  • 【速報】米軍岩国基地で3人感染 11日の新型コロナ (5/11)

     米軍岩国基地(山口県岩国市)は11日、基地関係者3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 【グラフ】山口県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

  • 【速報】島根県で6人感染、11日の新型コロナ (5/11)

     島根県と松江市は11日、6人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。居住地は松江市が3人、出雲市が3人。【グラフ】島根県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況【関連記事】中国地方知事「緊急宣言...