• トップ >
  • トピックス >
  • 架空請求で2977万円詐欺被害 鳥取の男性 「サイトに未納料金ある」

トピックス

架空請求で2977万円詐欺被害 鳥取の男性 「サイトに未納料金ある」

2020/11/10 9:14

 鳥取県警は9日、インターネットのサイトの未納料金があるなどとして架空の料金を請求された鳥取市の40代男性が計2977万円をだまし取られたと発表した。特殊詐欺事件として捜査している。

 県警によると、男性は9月20日、「利用料金の確認が取れていない」とのショートメールを受信し、記載された番号に電話。応対した男に「サイトに未納料金がある」「あなたの携帯電話がウイルスに感染し、まき散らされている」などと言われ、その後、別の男から電話で示談金などを要求された。

 男性は10月6日までに、コンビニで電子マネーカード計100万円分を購入しIDを伝えた他、指示された東京都内の複数のアパートに宅配便で5回にわたり、計2877万円を送ったという。

【関連記事】

福山で特殊詐欺5件、4700万円被害 9月以降

特殊詐欺被害者「実在の会社名で信用 手口巧妙化、島根県内9月末で40件

運び屋「100万円を500回」 裏バイト、生活費に充当

パソコンにうその警告 「サポート詐欺」被害後絶たず


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧