地域ニュース

【参院選広島選挙区】通常は無風区だが2019年は自民2候補と、野党系の無所属候補との激戦に

2020/11/10 23:27

 3年ごとの参院選で2議席が改選され、通常は与野党で議席を分け合う無風区だが、2019年7月の参院選では、自民党が公認した現職溝手顕正氏と新人河井案里被告、野党系の無所属現職の森本真治氏が激戦を展開。森本氏と案里被告が当選し、6選を目指した溝手氏は落選した。その後、発覚した大規模買収事件で検察当局は、案里被告の夫の克行被告が同年3〜8月、奥原信也県議を含む地方議員や後援会員ら100人に計2901万円を渡したとして起訴された。うち5人は案里被告と共謀して計170万円を渡したとされる。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧