地域ニュース

【クリック】小選挙区制度

2020/11/11 9:41

 1選挙区から1人の議員を選ぶ制度で、1996年の衆院選から導入された。1票でも上回った候補者が1人だけ当選するため、次点以下の「死に票」が多くなり、小規模政党の生き残りが難しくなる半面、政権交代が可能な二大政党化を促すとされる。定数が複数だった以前の中選挙区制では、同じ党内の候補者が競い合うため、支持者や政治資金の取り合いが激しくなり、政治腐敗を招いたとの指摘もあった。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧