地域ニュース

伝統のとち餅、実から作ろう 益田市匹見で児童ら体験

2020/11/11 16:00
きねでとち餅をつく児童

きねでとち餅をつく児童

 益田市匹見町の内谷(うつだに)地区に伝わる保存食のとち餅を作る交流会が10日、同町の石谷老人福祉センターであった。匹見小の児童や明誠高の生徒たち約10人が、地元のお年寄りたちと一緒にトチの実の皮むきや餅つきをした。
(ここまで 108文字/記事全文 375文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧