地域ニュース

多言語表記の内容改善へ 東広島市、外国人と街の看板検証

2020/11/11 21:06
広島大生(右)と案内表示の改善点などを話し合う王さん

広島大生(右)と案内表示の改善点などを話し合う王さん

 東広島市は、道路や公共施設などで外国人の利便を図る多言語表記の案内板の新設や内容見直しを検討している。記載する言語数やデザインなどのガイドラインを本年度中に作る方針で、11日は市職員が市内外に住む外国人と街を歩き、課題を調べた。
(ここまで 115文字/記事全文 411文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧