地域ニュース

工夫の感染防止策 宮島の来島者数が回復傾向、「第3波」懸念

2020/11/12 21:05
大浴場に仕切り板を設けるなどの感染防止策を説明する錦水館の武内社長

大浴場に仕切り板を設けるなどの感染防止策を説明する錦水館の武内社長

 来島者数が回復しつつある世界遺産の島・宮島(廿日市市)。旅館・ホテルの中には秋以降の客室稼働率が前年を超えたところもある。国の観光支援事業「Go To トラベル」効果に加え、館内レストランの利用者を減らすため素泊まり客を多くしたり、大浴場に仕切り板を設けたりするなど、各施設の感染防止策が奏功した形。最悪期は脱したものの、10月からの新型コロナウイルスの「第3波」に懸念の声も出ている。
(ここまで 194文字/記事全文 953文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧