地域ニュース

「13日の金曜日」ジェイソンが草刈り 三原の業者が仮装して奉仕活動

2020/11/13 21:09
ジェイソンになりきって草を刈る社員たち

ジェイソンになりきって草を刈る社員たち

 映画「13日の金曜日」にちなみ、三原市久井町の除草業者が13日、悪役ジェイソンの仮装をして同町内の草刈りボランティアに汗を流した。

 広島県内で除草や樹木伐採を手掛ける「スギモリ」の社員10人が穴の開いた仮面姿で集合。チェーンソーや草刈り機を使い、三原市と世羅町だけに生息するとされる絶滅危惧種のチョウ「ヒョウモンモドキ」が育つ休耕田約2ヘクタールを整備した。

 会社を10月に継いだ杉森裕樹社長(35)が、培ったノウハウで地域に貢献したいと企画。活動する日が、ちょうど13日の金曜だったことなどから仮装した。杉森社長は「社員と共に楽しみながら活動できた。環境を壊す要因を刈り取っていきたい」と話していた。(政綱宜規)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧