地域ニュース

広響熱演、1300人魅了 広島全席販売、コロナ後初

2020/11/13 22:54
ピアニストの小山実稚恵と協演した広響定演。コロナ禍以降の公演で最多の約1300人が鑑賞した

ピアニストの小山実稚恵と協演した広響定演。コロナ禍以降の公演で最多の約1300人が鑑賞した

 広島交響楽団の第405回プレミアム定期演奏会が13日、広島市中区の広島文化学園HBGホールであった。新型コロナウイルスの影響により満席の半分以下で公演してきた7月以降、初めて全席を販売し、約1300人が鑑賞した。
(ここまで 107文字/記事全文 306文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧