トピックス

上関大橋 山口県が現地調査へ 路面20センチ段差

2020/11/15

上関大橋で結合部分にできた段差にぶつかり損傷した乗用車=14日(画像の一部を修整しています)

 山口県上関町の上関大橋の路面に高低差約20センチの段差ができ全面通行止めになっている問題で、橋を管理する県は15日、原因究明のため同日午後から現地調査を始めると発表した。

 調査には、国土交通省中国地方整備局の職員と橋のメンテナンスに詳しい山口大工学部の麻生稔彦教授も同行。終了後に結果を発表する。

 損傷事故は14日午後8時ごろ、走行中の車両が段差にぶつかる事故を起こして発覚。直後から柳井署が全面通行止めにし、現在は県が職員を張り付けて通行止めを継続している。県によると、段差の発生に関連するような事故や自然災害は発生していないという。橋は1969年に完成した。

 県道路整備課の中原健司課長は「住民には不便をかけている。原因を明らかにし、早期復旧に努める」と話している。

【関連記事】

山口の上関大橋に段差20センチ、車衝突 全面通行止め

【写真】上関大橋にできた段差

三次市の国道183号寿橋に穴、全面通行止め 市中心部への幹線道路

東広島呉道路30メートル高架から転落か、男性死亡 8月にも同じ高架で転落【動画】


【関連リンク】

【緊急】上関大橋の通行止め(上関町HPより)


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧