トピックス

広島市で新型コロナ7人感染 20〜50代、広島銀行職員も

2020/11/15 17:56

広島市役所

 広島市は15日、市内の20〜50代の7人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。6人が軽症で、1人は無症状という。

 【グラフ】広島県の市町別感染確認者数

 市によると、20代と50代が3人ずつ、40代が1人。このうち、20代の1人は14日に市が発表した50代の感染者と同居する家族で、鼻水の症状がある。40代の1人と50代の1人はいずれも、岡山市が13日に発表した感染者の濃厚接触者。40代は発熱や頭痛の症状があり、発症前2週間以内に岡山、島根、山口県を訪れていた。50代は無症状で、同じ期間に中四国と関西の5県1府を訪ねていた。

 ほかの4人の感染経路は調査中。うち50代の2人は同居の家族。1人は発熱があり、発症前2週間以内に福岡県を訪れていた。もう1人は発熱や全身のだるさなどの症状があり、同じ期間に山口県を訪ねていた。残る20代2人のうち1人は発熱や全身のだるさなどがあり、発症前2週間以内に東京都を訪問。もう1人はのどの痛みがあるという。

 いずれも14日、PCR検査か、抗原検査で陽性が分かった。

 また、広島銀行(広島市中区)は20代の職員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同行での感染確認は初めてで、市が発表した7人に含まれるという。勤務する広島銀行広島西支店(西区)と併設するひろぎん証券広島西支店は店内の消毒を済ませており、16日から通常通り営業するという。

【関連記事】

【動画付き】広島の夜の街に臨時診療所

自費でPCR検査、「陰性証明」広がる 出張や見舞い

コロナ?スムーズに検査へ 広島県、かかりつけ医か専用窓口に電話

感染者療養ホテル公開 広島県、健康管理24時間徹底



  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧