地域ニュース

【バスケットボール】B1広島、宇都宮に連敗 監督「途中から相手の守備が激しく」

2020/11/15
【広島―宇都宮】第3クオーター、広島のマーフィー(左)がシュートを狙うが宇都宮のスコットに阻まれる

【広島―宇都宮】第3クオーター、広島のマーフィー(左)がシュートを狙うが宇都宮のスコットに阻まれる

 ▽Bリーグ1部(エフピコアリーナふくやま、1740人)

宇都宮  85 13―25 71 広  島
14勝1敗   30―10   4勝11敗
       21―17
       21―19

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)西地区の広島は15日、エフピコアリーナふくやまで、東地区首位の宇都宮と対戦し、71―85で敗れた。2連敗で4勝11敗となった。

 広島は第1クオーター、ゾーンディフェンスが機能。相手を13点に抑える一方で、トレイラーが16得点を挙げるなどし、25―13とリードを奪った。しかし、第2クオーターは東京五輪代表候補のロシターに20得点を奪われ、34―21から15連続失点。一気に逆転された。その後は、要所で守り切れず、じりじりとリードを広げられた。

 堀田監督は「途中から相手の守備のプレッシャーが激しくなり、攻撃でミスが重なった結果、一気に逆転されてしまった。練習から意識して変えていかないといけない」と厳しい表情だった。

 <写真集>B1広島、宇都宮に連敗

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧