地域ニュース

吉備津神社、1648年の記憶 福山、再建年裏付ける墨書発見

2020/11/15 23:00
本殿屋根の破風板に「慶安元年」などと書かれた墨書(吉備津神社提供)

本殿屋根の破風板に「慶安元年」などと書かれた墨書(吉備津神社提供)

 半世紀ぶりの大規模改修を進めている国重要文化財の吉備津神社本殿(福山市新市町)で、「慶安元年」と書かれた墨書が見つかった。初代福山藩主の水野勝成が1648年に再建したとされる史実と一致する資料。専門家は「決定的な発見。将来的な国宝化も夢ではない」と評価する。
(ここまで 130文字/記事全文 560文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 墨書が見つかった改修中の本殿屋根を指す追林宮司
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧