• トップ >
  • >
  • V字回復へアジア重視、広島空港30路線へ コロナ後の「成長」期待

トピックス

V字回復へアジア重視、広島空港30路線へ コロナ後の「成長」期待

2020/11/16 23:38

 2021年7月の広島空港(三原市)の民営化で、国土交通省が16日に公表した企業グループの事業提案は、アジア重視を鮮明に掲げた。経済成長に伴う訪日外国人客(インバウンド)需要を見込んだ「積極的な提案」(広島県)だが、広島空港の乗客数は20年度上半期、新型コロナウイルスの影響で前年同期比83・4%減に沈む。1993年の開港以来最低の水準からの「V字回復」へ、手腕が問われる。

【関連記事】
広島空港、50年度までに30路線へ 企業グループ提案、乗客は倍近い586万人に

 事業提案によると、アジアとの直行便は3期に分けて20路線まで拡張する。新型コロナの収束後、25年度までに中国のハルビン、成都、台湾の高雄など東アジアの地方都市への就航を進める。

 ▽50年度までにインドのデリーまで
(ここまで 332文字/記事全文 1078文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事